旧車の買取を依頼する際の流れをチェック!

旧車の買取を依頼する際の流れをチェック!

一般的に、旧車の買取依頼の流れは、問い合わせる店を決める所からはじまります。
広告や公式Webサイトの紹介などを見て、良い取引ができそうな店を見つけて、電話やメールなどで問い合わせてみましょう。
店側は、旧車を買い取ってほしいユーザーに対して、車種や年式、走行距離などの基本的な情報を尋ねてきます。
ユーザーが車検証などを見て回答をすると、店側が管理しているデータをもとに概算の査定価格を出してくれます。
この価格に納得したら、実車査定を依頼して正確な価格を出してもらいます。
車両の見せ方には、依頼者自身で店に対象の車両を持ち込む方法と、スタッフに依頼者の所に来てもらう方法があります。
スタッフによる実車査定の結果にユーザーが納得したら、売買契約を締結します。
これで取引が成立となるので、あとは車内を片付けて買取店に引き渡すだけです。
売買代金の受け取り方には現金での直接受け取りと、申込時に指定した銀行口座への振込があります。
車両を引き渡すときには、車検証や自賠責保険証明書、印鑑証明書など、いくつかの書類も提出しなければならないので、当日までにきちんと揃えておきましょう。

旧車の買取を業者に依頼する時の忘れがちな必要書類

免許の自主返納などで不要になった旧車は、専門の業者の買取を依頼することでお金にすることができます。
車の引き取りを業者に依頼をする時にボディタイプに関係なく提出を求められる必要書類は車検証、自賠責保険証です。
どちらも車の中に常備しておくことが基本となっているため、査定後すぐに契約を交わす時もすぐに対応ができます。
車検証、自賠責保険証書類以外で準備をし忘れる人も多いのが、住民票や戸籍謄本などです。
住民票、戸籍謄本は通常の買取で提出を求められることはありません。
旧車を購入してから別の場所に引っ越して、車検証に記載されている住所が現住所と違っている場合に提出を求められます。
引っ越しをする前から車に乗る機会がなかった人は住所変更の手続きを怠りがちです。
持ち主であることが証明できないと契約が交わせないので、忘れずに用意しておかなくてはいけません。
そのほかの忘れがちな書類が、実印や印鑑登録証明書です。
実印と印鑑登録証明書は軽自動車では不要なので、提出の義務があることを知らない人も少なくありません。
どれか一つでも不足していると契約ができないので、自分の車には何が必要かを調べて準備しておくことが大切です。

旧車買取に関する情報サイト
旧車買取のすすめ

このサイトでは、旧車の買取に関するさまざまな情報をご紹介しています。売却を検討している車のオーナーが知っておけば役に立つ、査定に出す際に押さえておきたいポイントについても徹底的に解説します。車の査定を依頼する際の流れについてもこのサイトではご紹介していて、初めて車を売る人でもどのような流れで売れるのか知ることができます。高額で買い取ってもらえることが期待できる国産の車にはどのような車種があるのかという情報も、このサイトではご紹介しています。

Search